島根県松江市にある中高一貫教育の私立学校。生徒一人ひとりと真剣に向き合います。
個人情報の取り扱いについて交通アクセス
  • 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 教職員の方へ
Top > 部活動トピックス > バドミントン

部活動トピックス

一覧へもどる

2021.06.06

バドミントン

島根県高校総体



選手宣誓を行う男子主将の槇浦翔と女子主将の竹田悠理
選手宣誓を行う男子主将の槇浦翔と女子主将の竹田悠理
令和3年6月3日(木)〜5日(土) 鹿島総合体育館

男子団体 
優勝(インターハイ出場権獲得)

男子ダブルス
優勝 福島天聖、諸石樹季 組(インターハイ出場権獲得)
二位 槇浦翔、黒川優哉 組(インターハイ出場権獲得)
三位 佐々木奎人、山本夏想 組

男子シングルス
優勝 黒川優哉(インターハイ出場権獲得)
二位 槇浦翔(インターハイ出場権獲得)
三位 福島天聖、山本夏想

女子団体
二位

女子ダブルス
三位 坪内万侑、若槻美樹 組

女子シングルス
優勝 坪内万侑(インターハイ出場権獲得)

男女それぞれが目標を掲げて大会に挑みました。インターハイの出場権は獲得することはできましたが、目標を達成することができず課題も残る大会となりました。
3年生にとっては残すところ中国総体とインターハイ、国体が最後の大会となります。このコロナ禍でも大会が開催されプレーできること、また日頃から支えてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れず今後も頑張っていきます。応援ありがとうございました。

2021.04.20



令和3年度より高校男子バドミントン部が重点校に選出されることになりました。
これは全国高校総体・国民体育大会等の全国レベルで活躍する選手を育成するための事業です。
今後は松徳学院の代表としてだけではなく、島根県の代表としての自覚と責任を持ち、さらに意識を高くして練習に取り組んでいきたいと思います。

2021.04.17



令和3年4月15日(木)~17日(土)松江市総合体育館

男子団体 
優勝

男子ダブルス 
優勝 諸石樹季・福島天聖 組
二位 槇浦翔・黒川優哉 組
三位 佐々木奎人・山本夏想 組

男子シングルス
優勝 黒川優哉
二位 槇浦翔
三位 福島天聖

女子団体
三位

女子ダブルス
三位 坪内万侑・若槻美樹 組

女子シングルス 
優勝 坪内万侑


今大会では男女で団体、個人(単複)の全種目制覇に挑みましたが、悔しい結果となりました。この悔しさをバネに県高校総体では必ずリベンジを達成したいと思います。
また、上位入賞者は6月18日~20日に広島県にて開催される中国高等学校バドミントン選手権大会に出場します。今後とも応援の程よろしくお願いいたします。







2021.02.13



本校バドミントン部の松本康佑チームトレーナーが新聞に掲載されています。
バドミントン部に携わって頂き、今年で3年目となります。体の柔軟性や可動域の改善、コーディネーショントレーニングや栄養指導など幅広い部分で選手の体と精神面をサポートして頂いております。

2020.12.21





令和2年12月18日(金)~20日(日) 松江市総合体育館

男子学校対抗戦 5位

男子ダブルス 
福島天聖・諸石樹季 組、槇浦翔・黒川優哉 組 一回戦敗退

男子シングルス
黒川優哉、福島天聖、諸石樹季 一回戦敗退 
槇浦翔 ベスト8

女子シングルス
坪内万侑 一回戦敗退

全国選抜出場を目標に練習に取り組んできましたが、今回目標を達成することはできませんでした。団体戦では、後1,2点という場面で勝ちきることができずとても悔しい思いをしましたが、この悔しさをバネに来シーズンに向けて練習に励んでいきたいと思います。応援ありがとうございました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 次へ
ページの先頭へ