島根県松江市にある中高一貫教育の私立学校。生徒一人ひとりと真剣に向き合います。
個人情報の取り扱いについて交通アクセス
  • 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 教職員の方へ
Top > 部活動トピックス > ボランティア

部活動トピックス

一覧へもどる

2019.12.14

調理の様子
調理の様子
完成品。袋を破って食べます。
完成品。袋を破って食べます。
ビニール袋を使った蒸しパン作りを行いました。
これは本校ボランティア部の生徒が参加した、夏の「青少年赤十字トレーニングセンター」にて学んだことを学校でもやってみようという生徒の提案によるものです。

作り方は、ビニール袋に、ホットケーキミックスと少量の水を入れ、鍋でゆでるだけです。
ゆでる水は飲料水である必要は無く再利用でき、また、袋から直接食べる事ができるので洗い物が出ません。
災害時に限られた物資を有効活用するための方法です。

今後もこのような活動を続けていきたいと思います。

2019.11.03

本校の活動報告
本校の活動報告
他校の生徒に活動を説明する様子
他校の生徒に活動を説明する様子
講演会の中で話し合いをする様子
講演会の中で話し合いをする様子
 11月1日に行われた、「島根県高等学校青少年赤十字メンバー秋季協議会」に高校生部員五名と参加してきました。午前の部は令和元年度前半の各高校の活動状況報告会と交流会、午後からは講師を招いての講演会でした。
 午前の部では、活動報告に加え交流会もあったため、他校の活動の様子をしっかりと聞けて今後の活動への熱意が高まったと思います。午後からの講演会では、講師に千葉県から佐伯雅弘氏をお呼びし、東日本大震災を初め、氏が参加したボランティア活動の様子やその意義、注意点など、災害ボランティアについて学ぶことができました。
 

2019.08.21

フィールドワーク中のミニゲームの様子
フィールドワーク中のミニゲームの様子
ワークショップ
ワークショップ
高校生代表の発表
高校生代表の発表
 8月6日(火)~8月8日(木)の二泊三日で、「青少年赤十字リーダーシップ・トレーニングセンターに本校の高校生2名と中学生2名で参加してきました。

 この企画は、島根県青少年赤十字社島根県支部の主催で毎年開催されているもので、リーダシップについて学ぶ研修や、災害時に役立つ知識や技術を学ぶ研修を行いました。今年は島根県内の小学生・中学生・高校生が80名ほど参加して、サンレイクにて行われました。
 最終日には、この研修で学んだことをそれぞれの学校でどう活かすかを考えるワークショップを行いました。そして、その高校生の代表として、本校の生徒が選ばれ、全体の前で発表をしました。「気づき・考え・実行する」という合い言葉のもと、この研修で学んだことを、夏休み明けの学校生活でも活かしてもらいたいと思います。

2019.07.24





SVCの高校生部員(4名)で、7月14日に行われた「千鳥福祉会サマーフェスタ」のお手伝いをしてきました。
大きなお祭りを成功させるために、参加した部員はそれぞれの役割を一生懸命頑張りました。

2018.10.23

ボランティア

あしなが募金活動

募金活動1
募金活動1
募金活動2
募金活動2
先週の土曜日、松江駅であしなが募金街頭募金活動に参加しました。
初めて行う松江駅での募金活動に初めは緊張していましたが、徐々に慣れ、大きな声で募金を呼び掛けていました。
協力していただき、ありがとうございました!!
1 | 2 次へ
ページの先頭へ