2019年4月20日(土)  

髙梨瑞紀 ヴィオラ・リサイタル(6/1公演) 


チラシ(表面)
チラシ(表面)
チラシ(裏面)
チラシ(裏面)
プラバ・リサイタル支援シリーズ#3

髙梨瑞紀 ヴィオラ・リサイタル

6月1日(土) 14:00開演 (13:30開場)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご挨拶・・・髙梨瑞紀

私は7歳のときからヴィオラの音色に魅せられています。
それから17年間、追い求めてきた私の音色を、
ふるさとへの感謝の気持ちとともにお届けしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【出演】
ヴィオラ:髙梨瑞紀(たかなしみずき) 
ピアノ:山﨑早登美(やまざきさとみ)

【曲目】
J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第1番ト長調BWV1027
P.ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ作品11-4
R.シューマン:「おとぎの絵本」作品113
J.ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調作品120-1
*曲目は変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

【入場料】
一般2,000円(当日2,500円) 
高校生以下700円(当日1,000円) 
未就学児入場不可

【発売】
3月10日(日)午前10時より
チケット購入

http://www.web-sanin.co.jp/matsue/plover/hall/ticket/index.html


【主催】
髙梨瑞紀ヴィオラ・リサイタル実行委員会 
【共催】
NPO法人松江音楽協会

【協力】
出雲芸術アカデミー
山陰フィルハーモニー管弦楽団
NPO法人松江サードプレイス研究会ノヴィープロジェクト

【後援】
東京藝術大学音楽学部同声会
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校響親会
島根県教育委員会
山陰中央新報社
TSK山陰中央テレビ
エフエム山陰
山陰ケーブルビジョン


【お問合せ】
髙梨瑞紀ヴィオラ・リサイタル実行委員会事務局
TEL:090-4890-9764(髙梨)


**************************************************

 コンサートガイド


 ~ヴィオラ~

 ヴィオラの調弦はヴァイオリンの完全5度下。つまりヴァイオリンの一番高いミ(E)の音が出る弦が無く、ラ(A)レ(D)ソ(G)は同じで、その下にド(C)の弦が張られている。一般的なヴァイオリンの胴の長さは約35.5センチ。ヴィオラは一回り大きくて、概ね37センチから43センチの範囲に収められている。大きさがまちまちなのもヴィオラの特徴の一つと云われている。因みにチェロの調弦はヴィオラの1オクターブ下で、胴の長さは約75センチである。
 ヴィオラは地味と思われているが、実は他の弦楽器に比して群を抜いてオールマイティな楽器。柔和で包容力のある深い音色に魅せられ、人に合す能力に長けた方がこの楽器を選ぶそうだ。さらに昼行燈的存在と、とんでもない能力との落差が激しい小咄「ヴィオラ・ジョーク」。これもヴィオラを盛り上げるためだと、笑っていられる胆力の持ち主でないと務まらないと聞いたことがあるが、これもジョークかも(笑) 

                         プラバホール芸術監督 長岡 愼

**************************************************


チラシ(表面) (jpg 4.9MB)
チラシ(裏面) (jpg 2.4MB)