町の話題・ホットなニュース
2003年10月11月12月
2004年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2004年6月
2004年6月28日(月) 妹尾 なおみさんにエール!
妹尾 なおみさんにエール!の添付画像 5月23日に、東京のNHKホールで開催された、「日本民謡フェスティバル」に妹尾なおみさん(長谷地区)が出場されました。
 大会前日には、妹尾さんが役場を訪れ、フェスティバル出場への抱負を語られ、町長から激励を受け出発されました。
 このフェスティバルは、前年度の全国各地の優勝大会で、グランプリに輝いた選手を更に選考にかけるという、非常に厳しい条件をクリアした方のみが出場できるというものです。
 この大会でもグランプリを30人で競うという話を伺い、緊張されませんでしたかと尋ねると、妹尾さんは「当日は、笑顔で歌う事ができました。
 まさか自分が出場できるものと思ってもみなかったし、先生や、周りの友人・家族の支えもあってこのステージに立てたという感謝の気持ちで歌えたので、
緊張はしませんでした。」と当日の様子を振り返ってくださいました。
 残念ながら栄冠に手が届きませんでしたが、心の支えになった周りの方々に感謝し、気持ちよく歌えたと満足そうな様子でした。
 このフェスティバルの模様は、8月15日(日)の15時〜17時30分までの間、BS2で全国放送される予定です。



2004年6月28日(月) みんないきいき!元気な地域!!
みんないきいき!元気な地域!!の添付画像 5月23日、佐見活性化部会の声がけにより、琴引キャンプ場周辺で桜の管理・田植え休みが実施されました。
 これは、春の農作業もひと段落した頃、地元に住んでいる方の交流を目的とした恒例の行事となっています。
 早朝から地元有志の方が集まって桜の木周辺や、グランドゴルフ場などの草刈をした後、子供たちと老人会による田植えを行いました。
 この他にもレクリエーション活動として、竹細工・ゲートボール・グランドゴルフと各コースに分かれ、軽く汗を流した後、皆でバーベキューを囲み、大人も子供も一緒になってのんびりした一時を過ごしていました。



2004年6月28日(月) チャレンジデー2004
チャレンジデー2004の添付画像 毎年、5月の最終水曜日はチャレンジデーです。
 これは、人口規模がほぼ同じ自治体同士で、15分以上の運動を行った住民の参加率を競うというルールの下、健康づくりを進めるため始まったイベントです。
 今年は、「羽ばたけ!今日の健康、明日への活力!!」をテーマに、青森県岩崎村と対戦しました。
 当日は、各地域で様々なスポーツイベントが催され、参加者達は元気いっぱいに運動を楽しんでおられました。
 公式発表の結果、頓原町は2,019人の参加者があり、参加率は70.4%でした。
 残念ながら、3年前のリベンジとはいきませんでしたが、町民一丸となって健康づくりに取り組み、健康増進に対する意識の向上につながる一日となりました。



2004年6月28日(月) 好記録続出!
好記録続出!の添付画像 5月28日、第33回飯石郡小学校陸上競技大会が開催されました。
 大会には郡内の18の小学校からおよそ400人が頓原町民グラウンドに集まりました。
 種目は5・6年男女別の100m走と、5・6年男子の1,000m、女子の600mの長距離走、400mリレー、走り幅跳びと、ソフトボール投げの6種目が行われました。
 この日は好天に恵まれ、選手達は絶好のコンディションの中、保護者らの声援をうけながら精一杯、競技に励んでいました。
 大会の結果、男子ソフトボール投げで高尾勇哉くん(頓原小)と、6年女子100m走・女子走り幅跳びで森 恵子さん(頓原小)が、第1位の栄冠を手にし、その他の選手も大健闘しました。
 なお、各種目の1位の選手は6月に松江市で行われる、第20回全国小学校陸上競技大会県予選に出場する他、1〜3位までの選手は8月に同じく松江市で行われる、第21回郡市対抗陸上競技大会に出場する資格を得ました。
 次の大会に出場される皆さんの活躍を期待しています。


2004年6月28日(月) 琴引卓球クラブ大健闘!!
6月6日、木次町民体育館で開催された第29回雲南卓球選手権大会に、琴引卓球クラブのメンバー13人が出場し、女子個人戦で後長純子さん(角井)が準優勝、男子個人戦で谷口新吾さん(一福)が第3位と大健闘でした。
 琴引卓球クラブは、昨年から活動をはじめ、「楽しくやる」をモットーに近隣市町村で開催される様々な卓球大会に参加しています。練習日は、毎週火曜日に頓原中学校体育館で、木曜日に八神トレーニングセンターで、いずれも午後7時30分からです。経験の有無は問われませんので、興味のある方は、ぜひ参加してみてください。



2004年6月28日(月) 里山に人・ひと・人!!!
里山に人・ひと・人!!!の添付画像 新緑深い志津見地区、今年も東三瓶フラワーバレーに、赤・白・ピンクの色とりどりのポピーが咲き誇りました。
 今年で第13回を数えるポピー祭が、6月13日に開催され、梅雨を忘れるような真っ青な空の下、陽気な天気に誘われて、県内外からたくさんの人々が訪れ、7千人を超える人出がありました。

 志々地区の女性有志、パワー・ママーズによる「来やれ とんばら」で華々しく幕を開け、続いて前回のコスモス祭でのフォトコンテスト大賞者の和田 為夫さん(大田市)に賞状と記念品が手渡されました。
 また、県内各地の艶やかな、よさこい踊り(頓原町・大社町・川本町・斐川町)、恒例のビンゴゲームと盛り沢山の内容で祭に彩りを添えていました。
 特設テント内では、地元の皆さんによる特産品販売や、食べ物コーナーの商品が飛ぶように売れ、大盛況でした。
ステージ周辺では、やまめのつかみどりや、ゲートボール大会、志津見ダム現場体験ツアーなどで一日中賑わいました。



トップページへ