町の話題・ホットなニュース
2003年10月11月12月
2004年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2004年1月
2004年1月27日(火) 飯石郡森林組合農水大臣賞を受賞
飯石郡森林組合農水大臣賞を受賞の添付画像 飯石郡森林組合がこのほど、全国森林組合連合会の本年度林業労働力育成確保優良事業体として、全国20団体の中から最高賞の農林水産大臣賞に選ばれました。
 飯石郡森林組合は、不安定な短期雇用を廃止して通年雇用体制を導入し、更に給料も、基本給プラス能力評価することで、労働意欲や技術を高め、また、5年前からU・Iターン者の全国募集を行い、若手後継者育成のため雇用労働条件の改善や、就業の場としての定着化に成果を挙げ、2,000年度の事業利益で全国の森林組合中第1位という健全経営も高く評価されました。
 表彰式は東京都内であり、加瀬部 明組合長(泉川)が表彰を受けられました。
 加瀬部組合長は、「林業は安全が第一。それぞれが自分の事として取りくむ姿勢が大切で、これも先人達の努力の成果です。」と受賞の喜びを語られました。


2004年1月27日(火) 風力・太陽光ハイブリッド発電機寄贈
 12月16日、風力・太陽光発電利用のハイブリッドシステムが頓原中学校の校舎屋上へ設置されました。
 これは、頓原町出身の岸 柳二さん(旧頓原中学校第3期卒業生)が、ふるさと頓原の子供達に環境問題等に関心を持ってほしいという願いから、同システムを寄贈されたものです。
 岸さんは現在、川崎市の情報通信機器メーカー・太陽温電鰍フ社長を務めておられ、自然エネルギーを利用した発電装置の開発、製造を行っておられます。
 風力発電機は、直径1.28bのプロペラを持ち、最大で880h(風速17b)、太陽光パネル発電装置は最大で、55hの発電能力があります。
 発電された電気は、昇降口付近の電光掲示板に利用されており、発電量はメーターにより確認する事ができます。


2004年1月27日(火) 料理コンテストで最優秀賞!
料理コンテストで最優秀賞!の添付画像 「朝食の野菜料理コンテスト」で、応募総数57作品(一般部門14作品、食生活改善推進員部門43作品)のなかから渡部昭子さん(川東)の作品『野菜バームクーヘン風』が最優秀賞を受賞されました。
 このコンテストは、子どもから大人までの欠食を減らすとともに、野菜の摂取を促し、栄養・食生活の改善を推進していくための一環として、雲南圏域健康長寿しまね推進協議会が実施しているものです。
 選考理由としては、「ネーミングやアイデアも良く、海藻、小魚、乳製品が使用されていて、子どもからお年寄りまでにお勧めしたい料理で、フライパンで出来るところがよい。」ということでした。
 また、このコンテストの応募作品をまとめた料理レシピ集が、2月29日に赤来町で行われる健康フォーラムで、無料配布される予定です。
 朝食は、1日を元気に過ごすために大切なもの。みなさんのお宅でもアイデア豊富な簡単野菜料理を、朝の食卓に登場させてみませんか?
(写真右が渡部さん)


トップページへ