町の話題・ホットなニュース
2003年10月11月12月
2004年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2003年11月
2003年11月11日(火) 『美の保存』にかける職人
『美の保存』にかける職人の添付画像 所蔵品の規模でも世界有数を誇る、ニューヨーク・メトロポリタン美術館や、ロンドン・大英博物館などの所蔵品の修復作業に取り組まれた、阿部光博さん(頓原町横町出身。現在、アメリカ・ボストン在住。)がこの度、テレビ出演を兼ねて、故郷である頓原町へ帰郷され、11月6日には、町長を表敬訪問されました。
 15歳で頓原町を出られたのですが、アメリカに渡られた今もふるさと頓原が忘れられないのだそうです。
 きっと子供の頃、山や川で遊んだ自然豊かなこの町が全ての原点となり、今の活躍があるのでしょう。
 定年後は美術館に属さず、頓原か、近隣の町に帰り、個人として町に眠っている美術品などのコレクションを手掛けてみたいと第2の修復人生を語っておられました。
 一方これまでは、表に出る仕事ではなかったので、画を通じて日本文化と、諸外国との友好役に携わっていきたいともおっしゃられました。
 お話をうかがって『美の保存』にかける職人の情熱を感じました。


2003年11月11日(火) 8年ぶり快挙!グランドチャンピオン
8年ぶり快挙!グランドチャンピオンの添付画像 11月7日、宍道町の島根中央家畜市場で、平成15年度島根中央子牛共進会が開催されました。
 この共進会には、10月20日に赤来町と合同開催の秋季子牛共進会で上位に選ばれた3頭が頓原町から出場しました。
 当日は天候にも恵まれ、審査の結果、若雌2区の1等賞首席に花栗地区 熊谷昇光さんの「まんてん号」が選ばれました。
 また、1区の首席と2区の首席とで競い合うグランドチャンピオンにも見事輝き、素晴らしい結果となりました。
 頓原町としては、平成7年に花栗地区 加藤昭三郎さんの子牛がグランドチャンピオンに選ばれて以来、8年ぶりの快挙となりました。
 この結果は、頓原町の畜産振興の歴史に大きな1ページを刻むこととなりそうです。
 皆さまのご声援、ありがとうございました。

【審査結果】
☆グランドチャンピオン・・・まんてん号(花栗地区 熊谷昇光さん)
 ◎1等賞 14席・・・たちばな号(長谷地区 那須道弘さん)
 ◎2等賞・・・ゆきひめ号(花栗地区 藤原榮彰さん)


2003年11月28日(金) きれいな歯をいつまでも!
きれいな歯をいつまでも!の添付画像 平成15年度「島根県8020よい歯のコンクール」において、石川正康さん(新道町)が見事優良賞を受賞されました。
 石川さんは80歳で28本の歯を持っていらっしゃいます。
 朝起きてすぐの歯磨きだけで、特に気を付けていることはないそうですが、自分の歯がたくさんあると食べ物がおいしく、元気に毎日が過ごせます。皆さんもこの機会に、自分は何本の歯があるか数えてみて下さい。親知らずを入れて全部で32本の歯をずっと保ち続けることは大変なことです。残っている歯を大切にしましょう。


トップページへ