行事・文化
カタクリ祭     

六日市町樋口地区の農業・早田宅武さんら保存会のメンバーによって、早田さん方の裏山斜面に守られている丈15cmほどのカタクリが、自生地一面に薄紫やピンクの花をつける。朝つぼみが開き、陽の光を受けて艶やかさを競い、陽が落ちると花を閉じる。
今年は4月3日から2週間、かたくり祭りを開催し、栗などを入れた素朴な味のおこわ、搾りたての牛乳、特産のマイタケ、ワサビ漬など田舎の味をそろえて、お待ちしています。

カタクリ祭の添付画像
カタクリの花
水源祭り     

1級河川高津川の水源地にそびえる一本杉。その傍にある「大蛇ヶ池」にわらで作った龍蛇を担ぎ出し、勇壮に舞いながら雨乞い神事を行う祭りです。
祭り当日は神事の他に、バザーや「よさこい踊り」、八久呂太鼓の上演もあります。
毎年6月第3日曜日です。是非、大蛇に会いにいらしてください。
  (雨天の場合中止)


 
抜月神楽     

抜月地区に伝承されている神楽で、古くは文久年間(1861〜64)に盛んに舞われていましたが、現在の神楽は明治15年頃に、近くの日原町左鎧八幡宮の神主より伝授されたもので、島根県の無形文化財に指定されています。


 
八久呂太鼓     

7世紀末、竜に似て天を駆けり地を走り、悪業の限りをつくす悪鹿を退治したという「八久呂麻呂」伝説がこの太鼓の由来です。腰まである毛頭に鹿角の面をかぶり、勇壮に舞いながら太鼓をたたきます。 


八久呂太鼓の添付画像
八久呂太鼓
その他の年中行事     

サンルート登山(安蔵寺山)/4月中旬の日曜日
むいかいち夢・花マラソン/4月最終日曜日
えびねまつり/5月3・4日
むいかいちきん祭みん祭(六日市町役場周辺)
    /11月3日(祝) 


その他の年中行事の添付画像
むいかいち夢・花マラソン